17-11-26-09-57-30-502_deco

41w2dから入院して、41w5dでの出産までを振り返りたいと思いますっ

予定日を過ぎても生まれる気配がないということで入院して、まず初日に子宮口を開くためにバルーンを入れました

そしたら、バルーンが刺激になってすぐ後から陣痛が始まり、最初は10分間隔だったものが7分間隔くらいにまでなってきましたっ

おかげで一睡もできなかった。。。

朝になっても7分間隔から変化なしだったのですが、子宮口はろくに開いていませんでした。。。

ので、夜にもう一度バルーンを入れてっ

夜間の陣痛は前日よりも痛みが増してきましたっ!



翌日は、まぁなんとか誘発剤を入れられるくらいには子宮口が開いていたので、陣痛誘発剤を点滴し始めました。

40分ごとに誘発剤の量を増やしていくのですが、3回くらい増やしたところで、もう叫びたくなるくらいの痛みがっ。。。!

これが陣痛ってやつかっ!!

間隔もどんどん短くなって、昼過ぎ~夕方までずっと2分間隔っ!

これは生まれるかっ!?



。。。しかし、子宮口は朝と比べて全然開いてないっ。。。

ので、いくら陣痛が強くても全然生まれないのですっ

そして、もう2分間隔の陣痛に耐えて、精神的にも肉体的にもいっぱいいっぱいすぎるっ。。。

陣痛誘発剤がこんなに痛いだなんて知らなかった



結局その日は10:00~16:00すぎまで誘発剤を少しずつ増やしていっただけで終わり、ただ単に痛いだけだった

誘発剤を止めた後も微弱陣痛が続いて(微弱って言っても、私的にはすごい痛い)、朝までまた眠れず。

とにかく、終わりのない陣痛が大変でしたっ。。。



そして最終的に、帝王切開での出産となりましたっ

誘発剤を入れ始めて帝王切開で出産するまでの間、丸1日以上、もちろん私も不眠不休ですが、夫もずっと不眠不休でついていてくれて、腰をさすってくれたり精神的にもすごくサポートしてくれましたっ

出産が終わると女は出産の痛みを忘れるって言うけど、本当にそうで、あんなに痛かったはずなのにもう結構忘れてきていて(忘れたいというのもある)、
後には夫が一生懸命サポートしてくれたことだけが残っていますっ

私にとっては本当に壮絶な出産で、もう子どもは1人でいい!って思っていたけど、
出産翌日くらいからは、「早く2人目もほしい」って気持ちになれましたっ

それはもちろん、元気に生まれてきてくれたベビーちゃんが可愛いからってのもあるけど、夫とツラさを共有できたことも大きいと思っていますっ



結果的に、陣痛と帝王切開を両方とも経験して、今はいい経験になったと前向きに捉えていますっ☆

帝王切開をしたから、第2子は基本的に最初から帝王切開だしねっ



そしてとにかく、ベビーちゃんが何事もなく元気で生まれてきてくれたことが一番の感動ですっ

ママがどんなに苦しくても、ベビーちゃんの心拍はずっと変わらず落ち着き払っていましたっ(笑)



最後に帝王切開について少しだけっ☆

麻酔が効いてるから、切ってる痛みは全然ないんだけど、なんか引っ張られる痛みがあって、ずっときゃーきゃー騒いでましたっ(笑)

お医者さんたちに申し訳ない。。。

特に麻酔科医さん、「痛い」って言ってても、別に麻酔が効いてないわけじゃないんです、すみませんっ

感覚的に痛いというか。。。

その前に何日も続いた陣痛で疲れきっててパニクってたのもあるのかもっ

何日もずっと痛い痛いが口グセのようになってたから。。。

途中から、あまりにも騒いでいたからか、ボーッとするマスクとやらをつけていただきましたっ

次回帝王切開をすることがあれば、初めからそのマスクをお願いしたいと思いますっ


子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)
ドロシー・ロー ノルト レイチャル ハリス
PHP研究所
売り上げランキング: 120




スポンサードリンク